必見!保育士の転職にまつわる裏側を覗いてみよう

働く保育士情報を公開!転職する前に知りたい保育士のホンネ

必見!保育士の転職にまつわる裏側を覗いてみよう

託児所

保育士に求められるスキル

子供をあやすのが好きという理由だけで保育士の仕事ができないのが現状です。転職においても、より高いコミュニケーション能力と専門性あふれるスキルがあることが条件となります。その背景には、育休復帰後に働く女性が増えたこと、それに伴い子供に対する教育を思い通りにできない家庭が増加していることにあります。その中で保育士の質を高める声が上がったり、水準の高い教育を受けさせるための保育園が求められたりしているのです。

人が足りていない深刻な状況

日本各地で待機児童が増える一方で、保育士不足という深刻な状況に追いやられています。そのため、保育士の転職情報を公開するサイトには実に沢山の求人が公開されています。
保育士以外にも企業や院内に保育施設の増加と、自宅で子供の面倒をみてくれるベビーシッターの存在も目立つようになっています。しかし、サービス形態が増えても保育士が足りないのは変わりありません。

男性保育士の存在

保育士といえば女性というイメージですが、人手不足という理由で男性保育士の需要が高まりつつあります。男性というだけで園内の防犯性を高められますし、力仕事も女性より男性の方が頼りになります。求人の数はまだ少ないですが、積極的に応募をする園もあるので少しでも興味がある方は転職先に選んでみてくださいね。

場所によって環境が違う

全国には沢山の保育園がありますが、当然ながら保育方針は園で全く違います。例えば、英語教育や英才教育に力を入れているところや、子供が健やかに伸び伸びと過ごせる環境を提供するなど、それぞれです。転職を希望する場合は、数多くの求人情報を比較し、見極めなければなりません。また中には、過酷な状況の中仕事をする保育士がいるのも現状なので、転職を成功させるために働く人の声へ目を通す必要があります。